Event Reports・イベント報告

Foster Home Visit (04/23/2016) – 児童養護施設訪問

4月にJOMO JETメンバーとALTのボランティアは、渋川市にある児童養護施設を訪問しました。

今回は、春ということで、アメリカやヨーロッパなどで春の象徴であるウサギやたまごを取り入れた活動を用意しました。まずは、カラフルなプラスチックのたまごを子どもが隠したり探し出したりし合いました。隠し場所を色々と工夫をしていた児童もいて、とても楽しそうでした!また、お友だちがたまごを隠している間、元気にBUNNYというBINGOの替え歌を歌うことができました。

次に、グループに分かれて福笑いに似たゲームを遊びました。子どもは目隠しをして、大きいウサギの絵にポンポンのしっぽを正しい場所に貼り付けようと挑みました。うまく貼り付けられた子どももいれば、自分が貼ってしまった場所を見て笑っていた子どももいました。

その後、全員で外に行き、グループに分かれてたまごリレー競争をしました。プラスチックのたまごをお玉に乗せ、落とさないように早歩きしてバトン代わりにチームメイトに渡し、最後の子はお玉を使ってたまごをターゲットの箱に投げ入れました。皆上手にたまごを落とさず、参加していました。

最後に、殻付きのゆで卵のデコレーションをしました。白いクレヨンで模様を描き、食品着色料を使って色を付けました。皆好きなキャラクターや模様を描き、様々な色にたまごを染めていました。

あっという間に訪問が終わってしまいましたが、子ども達が楽しめる内容だったことを願っています。また近い将来、皆と再会できることを楽しみにしています!

JOMO JET members and ALT volunteers visited a foster home facility in Shibukawa City in April.

Since this visit was in the spring, we prepared activities incorporating rabbits and eggs, which are often considered symbols of spring in places like America and Europe. We started off with an egg hunt, where children took turns hiding and searching for colorful plastic eggs. They seemed to enjoy being creative with their hiding spots! The children also sang BUNNY, a version of BINGO with different lyrics, while they waited for their friends to hide eggs.

Next, children played pin-the-tail on the rabbit. They attempted to pin the tail on a big drawing of a rabbit while blindfolded. Some children did very well, while others couldn’t help laughing at where their tails ended up.

We then went outside to hold an egg relay race in teams. Each team had a ladle with a plastic egg in it, and they had to speed walk without dropping the egg before handing off the ladle to a teammate. The last child in each team then tried to toss their egg into a box using their ladle. Everyone was able to play without dropping their egg.

Lastly, we dyed some boiled eggs. We used white crayons to draw designs, and we dyed the eggs using food coloring. Everyone drew their favorite characters or designs and dyed their eggs various colors.

The visit was over in the blink of an eye, but we hope that the children enjoyed themselves. We hope to see them again in the near future!

Event Reports・イベント報告

Thank You! * 2015 International Carnival * 2015国際カーニバル

11月29日(日)に、高崎市立南小学校の体育館で「2015国際カーニバル」を開催しました。JOMO JETのメンバーだけではなく、35人以上の在住外国人のボランティアに協力していただきました。多くの参加者が来場し、ポスター、体験、パフォーマンスなどを通して、色々な国や文化に触れていただきました。

今回は、シンガポール共和国、インドネシア共和国、フィリピン共和国、ドイツ連邦共和国、コロンビア共和国、オーストラリア連邦、イギリス、アフリカ系アメリカ人文化、そしてカナダのブースを設置しました。ブースでは、それぞれの国や文化の基本情報を学ぶだけではなく、工作、お菓子、踊り、そして簡単な言語学習などをすることが出来ました。

他にも、フェイスペイント、輪投げ、国旗の色塗りクイズなどのカーニバルゲームに因んだブースもありました。

ステージでは、フィリピンやインドネシアの踊り(スブリとタリ・ムラック)、バンジョの演奏、歌のパフォーマンス、腕相撲などの様々なパフォーマンスや遊びの体験が披露されました。

イベントの最後には、アフリカ系アメリカ人文化のブースのボランティアたちに「チャチャスライド」というアメリカで人気のダンスを教えてもらい、参加者、ボランティア、そしてJOMO JETメンバー全員で踊りました。

ボランティアと参加者の皆さまのおかげで、とても楽しいイベントとなりました。ありがとうございました!また来年、国際カーニバルでお会いできるのを楽しみにしています!

The 2015 International Festival was held on Sunday, November 29th at the Takasaki Minami Elementary gymnasium. JOMO JET members worked together with over 35 foreign resident volunteers to make this event happen, and many participants joined us in learning about different countries and cultures through posters, booths, demonstrations, and performances.

We had booths representing Singapore, Indonesia, the Philippines, Germany, Columbia, Australia, the United Kingdom, African American Culture, and Canada. In addition to sharing information about their country or culture, these booths gave participants a chance to try crafts, snacks, dances, and simple phrases in their languages.

We also had carnival booths such as face painting, ring toss, and flag coloring quizzes for participants to enjoy.

At the stage area, we had several performances and game demonstrations, including dances from the Philippines (Subli) and Indonesia (Tari Merak), a banjo performance, song performances, arm wrestling, and more.

At the end of the event, we had all participants and volunteers gather to do a popular African American dance called the Cha Cha Slide together under the instruction of the African American Culture booth volunteers.

Thank you to all the volunteers and participants who made this wonderful International Carnival possible, and we hope to see you again next year!

Event Reports・イベント報告

Foster Home Visit (10/31/2015) – 児童養護施設訪問

ハロウィンにJOMO JETメンバーとALTのボランティアが仮装をし、渋川市にある児童養護施設を訪問しました。

今回の訪問では、ハロウィン当日だったので、ハロウィンの活動を皆で楽しみました。まずは自分たちの名前を言いながら黒い毛糸をお互いに投げ、巨大な蜘蛛の巣を一緒に作りました。次に、子供たちは紙袋とJOMO JETが事前に作成したカラフルな紙の魔女と魔法使いの帽子にかわいいカボチャやオバケのデザインなどを描き、お菓子入れの袋と簡単な仮装を作り上げました。

その後、4つのゲーム・コーナーを子供たちはグループで一個ずつ回っていき、ゲームを遊びながらお菓子を集めていきました。目隠しをしたままジャック・オ・ランタンに鼻を貼ったり、魔女の帽子で輪投げをしたり、ハロウィンの絵のピースをストローで魔女のお鍋に入れたり、グループで巨大ミミズになって競争したりしました。

最後に、子供達はアップル・ボビングをしました。子供たちは頑張って大きいリンゴを小さい口でガブリ!と水からすくい出すことが出来ました!職員の方も参加し、一つのリンゴをめぐったバトルを熱く繰り広げられました。

施設の子供たちがハロウィンの遊びを楽しむことが出来たことを願い、また近い将来、皆と再会できることを楽しみにしています!

On Halloween, JOMO JET members and an ALT volunteer dressed up in costumes and visited a foster home in Shibukawa.

Since it was the day of Halloween, we enjoyed many Halloween activities together. We tossed a black ball of yarn to each other as we said our names, making a giant spider web together. The children decorated paper bags and the colorful paper witch and wizard hats we had made in advance with cute drawings of Jack-O-Lanterns, ghosts, and the like, so they had a candy bag and simple costume for the day.

The children then moved from one game station to another in groups to play four games and get candy. They pinned the nose on the Jack-O-Lantern, tossed rings onto witch’s hats, moved Halloween paper pieces into a witch’s pot with a straw, and made a human worm chain and raced.

At the end, all students went apple bobbing. The apples were quite big for their little mouths, but everyone was able to fish an apple out of water! Even the staff members participated, battling each other to see who could get the apple first.

We hope the children had a fun time celebrating Halloween with us, and we hope to see them again in the near future!

Picture1 Picture2